昨日から国際会議が始まりました。

まず磁石に関する研究発表を聞きました。
China’s Rare‐earth Permanent Magnet Industry
(中国における希土類金属永久磁石産業)という題目で、
中国の方の発表でした。学術的な話ではなく、中国の状況の紹介でした。

この希土類磁石というのは、希土類(レアアース)という希少金属を使った
世界最強の磁石のことです。
希土類磁石は、SmCo磁石(サマリウムコバルト磁石)と
NeFeB磁石(ネオジム磁石)がありますが、
SmCoは、1976年に日本人によって実用化、
NeFeBも、1984年に日本人によって発明されています。
世界で最強の磁石は、30年たった今でもNeFeBで、
モーターなどの用途でたくさん使われています。
この発明の産業への影響は大きく、発明者の佐川氏は、ノーベール賞を受賞されるかもしれません。
一方、SmCoは、NeFeBよりも高温での特性が良いという特徴があります。

さて、先の中国の方の発表についてです。
中国で希土類磁石の生産が飛躍的に伸びていること、
希土類磁石の応用がこれからも拡大する見込みであること、
中国に希土類が多く存在していること、労働力も安いことなどから、
希土類磁石の生産には有利なことが語られました。
特に、印象的な話は、大規模風力発電用の発電機内の磁石としての活用でした。
中国なら風力発電をいっぱい立てられそうです。
(会場の海南島は風が強いです)

まもなく、日本の磁石の製造特許が切れると聞いていますし、
この分野でも、中国がますます強力な競争相手になりそうです。
メイドインジャパンの技術を使っているのに
負けてしまうのは残念です。

そういうわけで、ここ数年、磁石の研究に関して国も力を入れています。
30年間、記録が更新されていない新しい磁石を、また日本人が開発する日が近いことを願っています。